BLOG BLOG

アクティメソッド本部
本部からのお知らせ

【陰山英男先生×アクティメソッド】特別講演会 第2章

 

こんにちは、アクティメソッド本部の八木橋楓華です。

先日、全国のアクティメソッド生限定で、
百ます計算などの徹底反復学習を生み出した
陰山英男先生の特別講演会がありました。

今回は、前回に続いて、
【陰山英男先生×アクティメソッド】の共通点から
今日からすぐお家で実践できる教育論・第2章をお届けします。

 

今日はこちら。

 

お子様の能力を伸ばしていく上でもっとも大切なのは、
【子どもがリラックスした状態で学習ができること】

そして、お母さん、お父さん。
【おきらくに】やっていきましょう。

 

….おきらくに、ってどういうことなのでしょうか?

 

では、次のケースで考えてみましょう。

アクティメソッドでは、
1日10分の練習を毎日継続しましょう!とお伝えしていますが、

例えば、
今日は我が子が10分のうち5分練習した。
そんな時、お子様にこのようなお声掛けをしていませんか?

「もう!5分しかやってないじゃない!もっとやりなさい〜!」

ついつい言ってしまいますよね(笑)

 

ですが、ここで【陰山英男先生×アクティメソッド】方式で
【おきらくに】お声掛けするとしたら、

「練習5分頑張ったね!」

たったこれだけで良いのです!
褒めるのではなく、
子どもがやったことを「認める」ことが大切なんです。

 

我が子のために心を鬼にして
ついつい「もっと◯◯しなさい!」と言ってしまったり、
「全然上手にできていないじゃない!」と指摘してしまったりしがちですが、

そうすると子どもは緊張してしまって
十分に力を発揮できなくなってしまうのです。

 

ですから、ここでまず一旦「認める」ことこそが、
子どもの学習力を伸ばしていくポイントなのです。

 

実際に「認める」を実践し続けて、

・我が子が自分で机に向かって学習に取り組み始めました!

・いつもお家で宿題をやる時に子どもと口論になっていたけど、
今では言い合いになる事なく進める事が出来ています!

というお話も後日ご感想でいただきました^ ^

たったこれだけで、
こんなに学習がスムーズになりますし
何しろ親子関係も円満になります!

 

今日からお子様がリラックスして学習に取り組めるように、
まずは、お父さんお母さんが【おきらくに】サポートしてみてはいかがでしょうか

我が子の能力を最大限に発揮させていってあげましょう(^^)

それでは、また次回もお楽しみに^ ^

 

アクティメソッドの英語学習に興味がある方は、
ぜひ体験レッスンからどうぞ^ ^
こちらからお申込み下さい。

アクティメソッド本部 講師
八木橋楓華

ページ上部へ移動する ページ上部へ移動する