BLOG BLOG

アクティメソッド酒々井校
教室からのお知らせ

【酒々井校】開校1年後の子どもたちの様子について

アクティメソッド酒々井校は、開校後1年が経過しました。
この1年間での子ども達の成長ぶりは驚くほどです。

 

まず、この前の春休み期間中に開催されたアクティ「タイピングコンテスト基礎部門」において、酒々井校の生徒たちが7位、9位、12位、15位を獲得しました!おめでとう!

 

今回の結果、何がすごいかというと、まだ始めて1年も経っていない生徒やちょうど1年が経過した生徒たち(小学3年生~中学生まで)が400語近くの単語を発音できるようになりスペルまで習得していることです。もちろん、タイピングだけではなく、英文もすらすら言えるようになり英語を発音する楽しみを感じているようです。

 

小学4年生のある生徒は「次回コンテストでは中1単語の範囲で挑戦しようね!」と友達と話し合っていました(^-^)

「1年前の今頃、こんな言葉が1年後に出てくるとは思いもしませんでした…」とお母様からのお言葉。

 

一方で、今回惜しくも20番以内に入らなかった生徒達も「次回のコンテストへ向けて頑張る!」と意気込んでいます。そういう思いが出てくることは私たちにとって非常に嬉しいことです。ランクインしなかったとしても、成長するきっかけになっていることは間違いありませんね。

 

タイピング英語は一朝一夕で身につくものではありません。
それでも継続して取り組むことでその努力の成果が着実に現れてきます。

 

このことは、子どもにとってはすごい良い体験だなと個人的に感じています。

 

最初はクリアできなくて悔しくて泣いてしまったり、音読のお手本が速くて苦戦していたりしています。

しかし、この「できないこと」を「精一杯の努力」で克服し「できること」にしていく過程で本人たちは大きな達成感を得ることができます。

できないことが目の前に立ち塞がり、それを自分にできる最大の努力で乗り越えていくと、子ども達は大きな自信と、挑戦を恐れない心を獲得します。

それらは、これからの先の見えない時代には何物にも代えがたい武器となると確信しています。

 

本題に戻りますが、アクティメソッドを始めて1年が経過した生徒たちは英語に対する意識もタイピングに対する意識も最初の頃と大きく変わりました。

英語については覚えたフレーズを積極的に使おうとしたり、英語の文字を読んでみようと挑戦したり、タイピングについてはゲーム感覚で楽しそうやっていたりします。中学生が苦労しそうな単語なども、遊び感覚で覚えています。

 

実際、ご覧いただいた方がわかりやすいと思うので、近いうちに動画を作成してご紹介できたらと考えています。

 

もし、授業の様子をご覧になりたい場合や体験授業をご希望の場合にはお気軽にお問い合わせください。
1年前と今の生徒達を見るとこの1年間は大きいなとつくづく思いました。アクティメソッドでぜひ一緒に英語を好きに得意にしていきましょう。

 

【酒々井校の残席状況】

木曜17時~ 残席2名
木曜18時~ 募集を締め切りました。

金曜16時~ 残席3名
金曜17時~ 募集を締め切りました。
金曜18時~ 残席1名

無料体験授業を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
また、途中からでも個別での進度でできますので、ご安心ください。

体験会のお申し込みは→こちら

 

 

ページ上部へ移動する ページ上部へ移動する